リキッドファンデとパウダーファンデどっちが肌に優しい?

肌に負担のないファンデーションが今人気になっています。

自然志向の高まりもあり、従来の「仕上がりはきれいだけど、つけている間、肌に負担がかかる」というファンデーションから、今や、「つけていると美容液効果で肌がきれいになる」といいうファンデーションが増えています。

でも、そんな中で、まず「リキッドファンデーション」と「パウダーファンデーション」のうち、本当に肌に優しいのはどちらなんでしょうか。

わたしは毛穴の悩みがずっとあるため、やっぱりリキッドファンデーションは欠かせないんですよ。だって、パウダーだけじゃ、とてもじゃないけど毛穴って隠せないのです。

でもリキッドファンデーションはやっぱり肌にぴったり密着してくるので、肌への負担は大きいです。

密着するだけならいいのですが、クレンジングをしっかりする必要があるんですよね。

何と言っても、やっぱりクレンジング剤が一番肌を傷つけますからね。

ではパウダーファンデーションはどうなのか。

パウダーファンデーションも一概に肌に優しいとはいえないです。というのもパウダーファンデーションはかなりお肌の乾燥を引き起こすことがあります。

粉が肌の水分を奪ってしまうことがあるからです。

乾燥すると肌はどんどん脂を出します。脂を出すと、化粧品に含まれる油分と反応し、化粧崩れの原因にもなりますし、肌への影響も大きくなります。

リッキッドにせよ、パウダにせよ、できるだけ天然素材のものを使うほうが肌にはいいのでしょうね。